NPO・ボランティア活動のための保険

主催するイベントで、会員が他人にケガをさせてしまった!
活動中、誤って他人の物を壊してしまった!

……なんてことがあったら大変です。
前々から準備してきた大事な企画。
協力してくれる人たちも安心して参加出来るように、
「保険」という準備もしてみませんか?

このコラムでは、NPO活動にありがちな2つのリスクと、
それらに対応する保険を紹介します。

まずは2つのリスクについてです。

●傷害(死亡、手術、通院など)
例)・活動先からの帰り道、事故に遭って入院することに…。
  ・弁当を食べたスタッフが食中毒になってしまった…。

●賠償責任(損害など)
例)・借りていたテントの使い方を誤り、倒壊させてしまった…。
  ・入浴ボランティア活動中、誤ってお年寄りにケガをさせてしまった…。

安全に活動するため、体調管理や注意点を周知徹底することも大切です。
それでも、予期せぬケガや病気があるかもしれません。

続いて、そんな不測に対応してくれる保険として、今回は次の3つを紹介します。

①「ボランティア活動保険」
②「ボランティア行事用保険」
③「NPO活動総合保険」

①と②は、社会福祉協議会が扱っている保険です。
③はあいおいニッセイ同和損保が扱っている保険です。
加入するのに、法人格の有無は問われません。
詳しくは各窓口へお問い合せください。

保険を考えることは、自団体のリスクを考えることでもあります。
保険に入る入らないに関わらず、活動を続けていくためのきっかけとして、
今回紹介した以外の保険も調べてみることをオススメします!!


■困った時の相談窓口「新潟県NPO・地域づくり支援センター」
https://nan-web.jimdo.com/npo相談/
■新潟県内の市民活動情報をお届け!「にいがたNPO情報ネット」
http://www.nponiigata.jp/

コメント

人気の投稿