メディアに取り上げてもらえるプレスリリースのコツ

NPOにとってその取り組みを知ってもらうために広報を行うことは、とても重要視すべきことだと思います。しかしチラシの印刷や広告など、広報にお金をかけることが難しい団体が多いのではないでしょうか。

そこでお金をあまりかけずに団体のイベントや商品などの告知をするために、メディアに取り上げてもらうための「プレスリリース」のコツをご紹介します。

<プレスリリースのコツ>
1.「新潟初」「唯一」「新たに」などインパクトのあるタイトルをつける
「初めて」「唯一」「新たに」「最も・・・」など、インパクトのあるキーワードをタイトルに入れるのがポイントです。またパッと見で、どんなことについて
書いてあるか分かるように、タイトルは短めにすることがオススメ。

2.見やすく分かりやすく伝える
イベントや商品などの告知はもちろん、団体のビジョン(目的)とミッション(使命)もしっかり伝えましょう。
また具体的な数値やグラフ、写真などを入れたり、要点を箇条書きにするなど工夫をしましょう。

3.旬の話題やイベントを絡めることで効果的に
例えばクリスマスやバレンタインデー、動物愛護週間、交通安全週間など、行事や時事的なものと絡めて記事を発信するのも効果的です。

作成したプレスリリース用の資料は、直接、新聞社やテレビ局にFAXで発信することもできますが、地域の商工会議所や新潟県庁に持っていくと、報道各社のボックスがありますから、そこにリリースを入れて(投げ込んで)、そこから資料を配布してもらうこともできます。

ぜひ団体の取り組みを知ってもらうために、プレスリリースを活用してみてはいかがですか?

コメント

人気の投稿